ヤミ金融で借りてしまった方はまずは相談をを

MENU

闇金融の取り立てをストップさせるには

ヤミ金融から借りてしまったらまずは相談をする

正規の貸し付け業者から、融資困難の認定を受けられれば、そこからの借り入れは極めて難しくなります。その様な状況にあっても尚、貸し出しの実施が必要であれば、闇金融のサービスを選択するリスクが一気に上昇します。

 

そこでは、正規の貸し付け業者の対象から漏れた人を取り扱います。ブラックでも可能といった、甘い言葉で誘惑するはずです。その言葉に騙されて借り入れを実施すれば、業者との長い闘いが待っています。

 

闇金融の貸し付け内容は明確で、法律の基準を超える金利を設定します。出資法の規定により通常、年利20%を超える貸し付けは認められていません。この規定に違反して貸し付けを実施するのが悪徳業者です。法律に反する契約は無効なため、その返済は全く必要ありません。

 

しかし返済を拒めば、業者は過酷な取り立てを始めます。業者の取り立ては嫌がらせといっても良いでしょう。昼夜を問わない自宅への取り立てであったり、借り入れ事実を知られたくない職場への電話といった、嫌がらせが業者の主な手法です。

 

この様な取り立ては即刻辞めさせる必要があります。精神を病む前に法律事務所に駆け込んでください。闇金融との間に、法律の専門家が介入することで、そのストレスを緩和させられます。もちろん、実行力のある手立てを採用してくれるため、ご相談が有効に作用することは間違いありません。
闇金被害でお困りの方は、なるべく早くに専門家に相談をして下さい。

 

現在闇金業者からの取立てに悩んでいる人へ

つい必要に駆られて闇金から借金をしてしまい、予想外に膨れ上がった利息の請求を受けてショックを受けている、という人はいませんか。

 

一度闇金から借入れをしてしまった以上、すぐにでも全額返済ができないのならば今後も返済に苦労することを強いられるでしょう。闇金業者は決してあなたを逃すことはしません。全額返済ができないのなら利息だけでも、と脅しながらあなたが破滅するまで取り立てを続けるでしょう。

 

家族に危険が及ぶのでは、会社に全てがバレてしまうのでは、という不安が常につきまとい、精神的にもボロボロの状態になります。ここで目を覚まさなくてはいけません。闇金業者は明らかに違法行為をしているのです。そのことをきちんと述べて訴訟を起こせば勝つことは確かです。

 

しかしあなた一人で闇金業者を相手に訴訟手続きまで行うことができるでしょうか。それまでの間闇金業者が黙って待っていてくれるでしょうか。そんな時には弁護士事務所や司法書士事務所に相談をすることが一番です。プロのノウハウに従い、的確に闇金業者の取り立てから解放される方法を授けてくれるでしょう。

 

理不尽な行為を何とも思わない闇金業者に個人が立ち向かうことは非常に危険を伴います。弁護士事務所や司法書士事務所の力を借りて、根本から解決をしましょう。
借金返せないと頭を抱えている方、無料相談で解決の糸口がつかめるかもしれません。